猫を赤ちゃんからうまく育てる方法

猫を飼う

猫を飼う準備

 

最初にネコを家に迎える前に飼育用品の準備ができていることが必要です。

 

ネコに最低限必要なもの

  • 安心できる寝床
  • 自分の餌
  • 水入れ

 

餌・水入れは人間用の食器でも代用できますが、ネコ用の方がひっくり返りにくく、便利です。

 

<img src=

 

猫に関する何でもグッズカタログ">猫好き集まれ!

 

 

材質
テンレスが丈夫で長持ちしますが、インテリア性を考えると陶器)でできているものがいいでしょう。

 

清潔なトイレ

  • 準備はトイレとその中に入れるきれいな専用トイレ砂です。
  • トイレはネコ専用のものが色々あります。
  • 覆いのあるものはネコも落ち着くようです。

 

イレ砂は、安価な砂タイプ、軽くホコリが出ない木や紙などのパルプタイプなどがあります。

 

砂がないと排泄したがらないネコもいるので、紙おむつのようなシートタイプもありますので、その場合はシートを砂の下に敷くと掃除が楽です。

 

また、飼い始めた当日はオーナー(飼い主さん)も疲れていますから、帰ってからケージやトイレの場所を決めたり、セットしたりしていると、ネコの様子を観察するのが大変です。

 

コは環境の変化を嫌う動物ですから、初めて連れて帰ったときに、寝場所やトイレが準備できていると早く落ち着きます。

 

猫の用品、はまたこれらのものは、置き場所をしょっちゅう変えない方がいいので、最初に決めておきます。

 

なぜかと言うとこれらが縄張りの中に確保できないと、ネコは落ち着きません。

 

寝床

  • 販の寝床やクッションなど、ネコが安心して居ることのできる寝場所を作ってあげます。
  •  

  • 毛布やタオル、座ぶとんなど、人間用の物でも代用できますが、ネコ専用にして、取り上げたり、場所を変えたりしないようにしましょう。

ケージとキャリーバッグ

内で放し飼いにする場合、ケージは必要ありませんが、キャリーバッグは動物病院に行くときや外出時に必ず使用することになります。
忘れずに用意しておいてください。

 

ネコの抱き方・扱い方

  • 小さい頃から慣らさないと、飼い主でも抱けない、きついネコになりますから、まず、子猫のうちから、抱かれていて落ち着く姿勢をネコに覚えさせましょう。
  • ネコは甘えるのは基本的に好きですが、いじりまわされるのは嫌いです。

 

上手な抱き方

  • くときは、ネコの肩の上、首の辺りを何気なく掴んでおくと、暴れたときに首を掴んで押さえることができます。
  • 基本的にネコは、脇から手を回して抱き上げ、優しく赤ちゃんを抱きかかえるようにして持ちます。
  •  

  • ネコが自由にならない程度に、それでも力を入れ過ぎて、ネコを緊張させないようにするのがこつです。
  •  

  • 抱かれているネコが落ち着かないときは、優しい言葉をかけてやると、ネコも安心します。

このようなことを参考に飼育されてみてください。